甲信アルプスホームとは

営業
小椋 公博
部署 松本支店 松本第二営業グループ
資格 AFP、宅地建物取引士、スムストック住宅販売士、カラーコーディネーター
入社年 2006年
経歴 2006年~ 営業
長野県伊那市出身

自己紹介

大学時代は東京で過ごしましたが、長野県の暮らしやすさ、空気の綺麗さに初めて気づき、長野県で就職したいと思いました。様々な業種の説明会に参加しましたが、お客様との付き合いの深さに魅力を感じ、三井ホームの美しさ魅了され入社を決意!
私の実家は、なんと断熱材が入ってない築30年越えの住まいでしたが、2011年に自宅を新築し、両親と妻、子供2人の二世帯住宅で過ごしています。

休日の過ごし方は?

好き勝手飲み食いしてきたツケで、健康診断の数値が毎年毎年新記録…いよいよレッドゾーンに突入したところで、2018年に社会人人生で始めて「運動」を実施。
最初は近所のウォーキングからスタートしましたが、こんなに楽しい事だったとは!と、初めて気づく。そして徐々に体を動かすことにハマってしまいました。いつしか歩く距離も30kmを歩くように・・・しかし、さすがにきつく、時間がかかり過ぎてしまい、息子の保育園の迎えに間に合うことが出来ず、妻に怒られるという苦い経験も味わうことが出来ました。
最近はジムデビューも果たし、時々妻に怒られない範囲で(?)続けています。

自身の家づくりで、こだわった所は?

2011年に完全分離の二世帯住宅を建築しました。
当時、実家は築30年越えであり、立地条件、生活環境も悪く、両親も新しい家を望んでいました。
しかし、土地がいわゆるレッドゾーン&30坪ほどの広さしかなく、実質建替え不可能でした。
当時はそれぞれの世帯で新築の計画があったため、「一緒に暮らそう」という話になり、土地も購入し2011年に家を建てました。
私たちは2階で過ごしているので、スロープシーリングで天井高く広々、明るく+トータル空調で温度差がないので子供たちも家じゅう走り回っています。
学生時代に購入した楽器があるので、それを収納するロフトを設けたり(今は猫に占領中)、
家族が集まって勉強や作業ができる「マルチスペース」を設計しました。

お客様へメッセージを一言。

三井ホームは「オーダーメイド」をテーマに掲げているハウスメーカーです。
完成する新居はコンセプト、ご要望がそれぞれのため一棟一棟違った建物で、私も完成した建物を見るのが楽しいです。モデルハウス、街なかモデルハウスもそれぞれ全く違う外観、インテリアとなっております。
住宅は実物をご覧頂き、体感されるのが家づくりの大きなポイントになります。
「百聞は一見に如かず」です。
お時間のある限り、たくさん見学する程収穫がありますので、是非お近くの三井ホームへお出かけください。