三井ホーム

甲信アルプスホーム株式会社

資料請求

医院建築実例紹介

  • 最新の実例
  • 実例集

フルタクリニック

  • 長野県佐久市
  • 診療科目:内科、循環器内科、呼吸器内科、アレルギー科、心臓血管外科

心臓外科医として第一線で活躍されていた古田先生が開業に踏み切られたのは、生活習慣病を放置した結果、心臓手術以外に治療法がなくなる例が後を絶たない現実を打破したい、という想いに端を発します。そのため各種検査の充実を図り、CT、エコー、レントゲン、心電図、血液検査などを1日で実施し、当日中に結果を掲示できる施設を整えること。また、ご自身の経験を活かせるよう、東信地域で唯一、心臓手術を行っている佐久総合病院が新たに建設中の佐久医療センターの隣接地を開設地と定め、密に連携を図ることを計画されました。

充実の検査体制と心なごむ空間を整え、病診連携で地域医療の発展に貢献

医院建築に関しては、診療に関わる部分は先生が、外観や院内の雰囲気などについては事務長となられた奥さまがご要望を提示。それを基に提案された最初のプランがご夫妻の心をとらえ、計画は一気に具体化。充実した診療体制と、患者さんが気軽に相談に来られる雰囲気を併せ持つ理想のクリニックが実現しました。

「細部の微調整はあったものの、内容はほぼ当初の提案どおり。それだけ完璧な提案でした。設計、インテリア、計画の進め方…すべてに豊かな経験が活かされていると実感しました。診療についてはこれからが正念場。大病院の医療を的確にアシストすることで、患者さんの時間的な負担や、連携先の医師の負担を軽減していきたいと思っています」と、先生は意欲的に語ってくださいました。

  • 院長:古田豪記先生
  • 古田先生ご夫妻(前列中央と右)とスタッフのみなさま
  • フルタクリニック邸 1階
  • フルタクリニック邸 2階

PAGE TOP