三井ホーム

甲信アルプスホーム株式会社

資料請求

長野県・山梨県の三井ホームは健康住宅へ 人にやさしい木の家をつくり続ける、私たち三井ホームは家族の命を守る耐震性能はもちろん、家族の健康まで考えます。

長野県・山梨県の三井ホームは全棟北海道性能

平成25年10月1日施行の改正省エネ基準で国内で最も厳しい1地区【北海道:旭川市、釧路市等】の外皮平均熱貫流率[UA値]の基準値は0.46[W/m²K]。
三井ホーム甲信地区の標準仕様はそれ以下の0.45[W/m²K]。長野市の0.75[W/m²K]、甲府市の0.87[W/m²K]を大きく下回る北海道性能を実現しています。

(モデルプランにおける数値です。個別邸名ごとに都度計算いたします。)

進化した木造壁構法「プレミアム・モノコック構法」

外皮表面積あたりの断熱性能

従来の熱損失係数(Q値)W/m²Kは床面積あたりの熱損失量でした。新基準では外皮あたりの熱損失量に変わりました。これにより、建物の大きさや形の影響を受けにくい数値になりました。

2×6 ツーバイシックス

日本での正式名称は「枠組壁工法」。6種類の規格材のうち「2インチ×6インチ(ツーバイシックス)」材を外壁の基本構造とした2×6住宅です。柱の間の断熱材「ロックウール」を140mmとびっしり充填します。三井ホームは、断熱性能を北海道並みに高めた寒暖の差が激しいこの地域にピッタリの住まいです。

オリジナル屋根断熱材「ダブルシールドパネル」

三井ホームの屋根は、独自のダブルシールドパネル。厳しい日射熱を屋根そのものではね返す「屋根断熱」が特徴です。小屋裏に熱がこもることなく、快適でひろびろとした居住空間を実現します。室内の温度調節がしやすいので、トータル空調システム「スマートブリーズ・プラス」とも相性抜群。広々とした快適空間をお届けします。

●天井高1.4m以下の小屋裏を 有効活用

ダブルシールドパネルは、これまで未利用だった小屋裏空間を最大限に活用することが可能。小屋裏収納はもちろん、ロフトの設置など、暮らし方に合わせた未利用空間の有効利用が実現できます。

オール樹脂サッシ&アルゴンガス入り高遮熱Low-E複層ガラス

長野・山梨で一般的に使われているアルミクラッド樹脂サッシは、北海道では使えません。三井ホームではさらに断熱性能の高いオール樹脂サッシを採用。また、遮熱Low-E複層ガラスにアルゴンガスを封入し、空気層を12mmから16mmに拡大。断熱強化しました。

  • Low-E複層ガラス

  • 樹脂サッシ断面図

断熱性を高めるアルゴンガス

アルゴンガスの熱伝導率は空気の3分の2。熱を伝えにくいのが特徴です。また、空気より比重が重く、対流を抑えられるため、さらに断熱性が高まります。

[熱伝導率]

単位W/(m・k)

空気 0.024
アルゴンガス 0.016

[比重]

空気 1
アルゴンガス 1.38

PAGE TOP